形成外科と整形外科との違いは

形成外科と整形外科とは同じものなのでしょうか、それとも違いがあるものなのでしょうか。
形成外科と整形外科の違いを探ってみたいと思います。

形成外科とは、生まれながらまたはケガや病気でできた体の表面の見た目が良くない部分を改善する外科です。
たとえば、火傷の後、手術によってできた傷跡、アザなどを治療したり、皮膚の腫瘍の切除などを行います。
また、ガンや外傷で切除・欠損した部分の再建なども形成外科に含まれます。

一方整形外科とは、体の芯となる骨や関節などの骨格とそれを取り囲む筋肉や神経などの運動器の機能改善を目的とした治療をする外科です。
たとえば、スポーツによるケガや障害を改善する施術などです。
スポーツ選手がケガなどで行う施術は整形外科ということになるのですね。
また、骨粗鬆症を扱ったりします。

名称が似ているようで異なる形成外科と整形外科、体の表面を治療するのが形成外科で体の芯などを改善するのが整形外科ということになるのですね。