傷んだ髪の原因とは

ふと気づいたら髪が痛んでいたなんて言うことはありませんか?

その場合、理由が思い当たる人もなぜ傷んでしまったのかわからないという人もいると思います。

では傷んだ髪の原因には何が考えられるのでしょうか?

まず思い浮かべるのがヘアカラーやパーマなど。

最近では髪が痛みにくいものもあるようですが、どうしてもヘアカラーやパーマを繰り返すことで髪が痛んでしまいます。

そして次に紫外線です。

特に夏の強い日差しは髪が痛む原因となるので帽子などで防ぐことが大切です。

毎日シャンプー後に行うドライヤーやヘアアイロンなども傷んだ髪の原因となるので注意が必要です。

もちろん直接の髪へのダメージだけではなく、ダイエットなどでの髪の栄養不足も傷んだ髪の原因となります。

このように、いくつか原因をあげると一つくらいは思い当たるものがあるのではないでしょうか?

髪はとてもデリケートなものなので、もしも傷んでしまったらなるべくその原因を早く突き止めて改善するようにするといいですね。