腰痛の原因は3つあるらしい。

腰痛の原因は3つしかない

腰痛に苦しんでいる方には是非とも知っておいて欲しいことがあります。

それは、腰痛の原因は3つしかないということです。

お医者さんの話によれば、腰痛に苦しんでいる方は、診療の際には以下のように相談するそうです。

開口一番、「腰が痛くなったから、見て欲しい」です。

は????

これの何がいけないの??と思う方も少なくないでしょう。

でも、この患者さんは無意識に、「腰が悪い」⇒「腰痛」と思い込んでしまっています。

しかし、これはかならずしも正しい認識ではありません。

つまり、、体はつながっているので、腰が痛いからといって腰だけに原因があるわけではないのです。

腰だけに原因があるは間違い

「腰が痛い」というのは、あくまで結果であり、原因はほかのところにある場合が多いのです。

極端な言い方をしてしまうと、腰が痛いのは腰が悪いのではなく、ほかの部分が悪いから腰が痛くなった、ということです。

この論理が成り立つのは、腰だけではありません。

関節痛のカテゴリーに含まれるところは、どこでも似たようなものです。

例えば、膝が代表的です。

つまり、ひざが痛いのをかばって歩いた、足首の捻挫をきちんと治していなかったせいで歩き方にゆがみが生じ、それが腰痛につながった、こういうケースは驚くほど多いのです。

もちろん、腰そのものを診て「どのように痛みが出ているか」ということは調べます。

でも、なにより治療のために大切なのは、「今痛みが現れているところ」ではなく、「痛みの原因となる悪いところ」を改善するということらしいのです。

さて、腰に焦点を当てた時に、腰痛の原因をまとめるならば、以下の3つに腰痛の原因を集約できます。

  1. 背骨のゆがみ
  2. 足の使い方
  3. 血流の悪さ

多くの腰痛に苦しむ方は、以上の3つを改善すると、腰痛が治るのだそうです。

でも、私はどれにも当てはまらない。でも、関節痛に悩まされている。

こんな場合は、「イタドリ」を試してみてください。