東京の人は冷たい?

近所のスタバより

先日、東京へ行ったのですが、関西人として勘違いしていたことがありました。「東京の人は冷たい。」そう思い込んでいました。

新大阪から新幹線に乗り、品川で降りて山手線に乗り換え、渋谷へ向かい、その途中、どこの駅かは忘れましたが、杖をついたおばあさんが乗ってきました。
自分はドアの近くに立っていたので、「誰か席代わったってな。」心の中でつぶやいていました。
「でも、東京の人は冷たいっていうし、代わってくれる人いるのかな?」そう思っていた途端、若い女性がすぐに「どうぞ。」と席を譲っていました。
ホッとしたのと同時に、「ごめんなさい、勝手な思い込みを持っていました。」と心の中で反省しました。

逆に、以前、東京に行ったときに、東京に人に、「なんか面白い事言って。」と言われたことがあります。
「いやいや、俺、芸人ちゃうし。関西人やからって全員漫才できひんで。」

確かに、都道府県の中でも関西、特に大阪の人は面白い人が多いのは事実だと思います。
吉本新喜劇見て育ってるし。(小学生の頃は、土曜日に学校から帰ってきて、昼からは必ず吉本新喜劇を見ていました。)

ちなみに、これも多分事実だと思いますが、東京(関東)の人は、関西全体をイコール大阪と呼ぶみたいですね。
どこから来たの?と聞かれたので、「神戸」と答えると、「あー、大阪なんだ」と。「いやいや、神戸って言ってるやん!」と思ったけど、関西=大阪みたいですね。
ちなみに、京都の人も同じこと言ってました。あと、いつも気になっていたのが、高校野球のアナウンサー。

「今日の大阪の天気は・・・」と言うのですが、甲子園は西宮市なので、大阪ではありません。と思ってしまいます。浦安市にある、東京ディズニーランドはありですか?
ちょっと話はズレましたが・・・このように、思い込みをしてる事って多分、たくさんありますよね。

「自分には無理だ。」「誰もやってないよ。」「あの人は特別。」

あなたはこんな思い込みをしていませんか?思い込みがあると、そこで止まってしまいます。チャンスを逃してしまいます。
人は誰でも可能性を秘めています。今日から思い込みを捨てて、新たな自分を発見してみませんか?

新たな自分を発する方法⇒コチラ