交通事故治療の治療期間

交通事故治療の治療期間はどれくらいかかるものなんでしょうか。事故直後はなんともないと思っても、むち打ちの症状がひどくなることって多いんですよね。
比較的、軽いむち打ちの治療は理学療法が用いられます。理学療法とは、「マッサージ」、「電気療法」、「牽引」等が代表的です。軽度なむち打ちの治療に使われていて治療期間はおよそ3ヶ月以内が目安になっています。3ヶ月経ってもむち打ちが治らない場合は、他の治療方法を検討する必要性が出てくるでしょう。また交通事故治療には、鍼灸に通うのも効果的です。交通事故治療の必要なむち打ちは、完治するまでは時間が必要になります。上田式腱鞘炎解消プログラム 上田康浩

痛みがあるからと言って過剰に患部の筋肉を使わないように生活を送ると筋力が衰えて逆効果になります。症状がこれ以上良くならないというところまで回復したら症状固定の状態になり、後遺障害等級に該当しているのか判断してもらうことになります。後遺症の等級は、むち打ちの場合、7級、9級、12級、14級があり「損害保険料率算出機構」というところが決めます。後遺症が出ていて交通事故治療をしていても、後遺症と認定してもらえないこともあるようです。