選考状況を聞かれた時の対処法

就活の面接で、面接官があなたに必ずと言っていいほど聞いてくるのが、現在の選考状況です。

あなたが真面目な人であったり、嘘が嫌いな人ならば、正直に答えるか、愛想笑いをしつつ曖昧な返事になってしまいますよね。

でもそれって、マイナスポイントなんです。

選考状況を聞かれたときの正解は、「第一志望です」とハッキリ言いきることです。

どうして企業が選考状況を聞くかというと、理由は二つあります。

一つは、リスクを減らすこと。

二つ目は、あなたに核となるものがあるかどうかを見極めるためです。

まず一つ目についてです。

あなたが面接官になったとして、面接に来た学生が「ここは第一志望ではありません」と正直に言ったとして、採用したいと思うでしょうか?

その学生を採用するために準備したり、口説き落とすために労力を費やすのは無駄です。

ですので、企業側は相思相愛を望んでいます。

だからこそ、ウチの会社が第一志望かどうかを聞きたいのです。

二つ目は、他にどんな会社を受けているかを聞いて、あなたの就活に核があるかを知るためです。

それによって、あなたがブレブレな人間かどうかがわかります。

複数の会社を、例え業界が違っても、共通点があって受験しているならば、核のある人間だと評価されるでしょう。

これが選考状況を知りたがる理由です。

しかし、全ての会社名を言う必要はありません。

共通点のある会社だけをあげていけば、面接官は納得してくれますよ。

http://www.leftylooseymovie.com/