ポケットがパンパンになる事もないです

WiMAX通信機のサイズは、スマホよりもミニサイズです。

そう言う事で、持ち運びするのに便利です。

 

ポケットサイズですし、重さも厚みも大した事なく、ポケットがパンパンになる事もないです。ワイマックス通信機は、スマートフォンアプリを使って操作する事が出来ます。と言う訳で、ワイマックス機器をカバンの中に入れ、そのまま使う事も可能です。WiMAXって言うインターネット通信サービスはあるのですけど、このネット通信サービスって、7G制限が行われない分、少しは使い勝手が良い点が特長となります。

そう言う理由で、十分にインターネット通信を行なう目的の人にしてみれば、ストレス無くインターネットを楽しむ唯一のモバイルサービスと言えます。
速度制限が気がかりでモバイルを諦めていた方は、一度考えてみてはどうでしょう?WiMAXサービスの提供元は、auのグループ会社であるUQコミュニケーションズです。そう言う理由から、auに連携したサービスがいくつか存在します。そんな中で代表的なのが、auスマートバリューmineと言えます。WiMAXサービスの契約を行った後にauショップにて手続きを行なうと、auのサービスの月額料金が割引きされるサービスです。Speed USB STICK U01はUSBサイズの小型なWiMAX端末で、下り最大通信速度として220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX端末です。その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に利用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。更に、Speed USB STICK U01はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますから、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアに対応する事が出来ます。

Speed USB STICK U01はバッテリーを装備していませんので、USBポートから常に給電しながら使用するタイプのWiMAX端末となります。(UQ WiMAXのWiMAX 2+用のキャンペーン特典は商品券?!にて)

WiMAX機器は普通の価格が20000円しますし、クレードルのセット販売で22750円もします。

 

かなりの金額となりますので、WiMAX契約の際の足かせになってしまいます。

ですので、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選択すると良いです。

 

Broad WiMAXとは株式会社LinkLifeが運営するWiMAXサービスでして、特に月額最安プランが特徴的です。
月額最安プランと言う料金プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い代わりに初期費用が必要となる点が挙げられます。

 

だけど、一定条件を満たす事で初期費用が無料になるWeb割と言うキャンペーンが行われていますので、結局のところ初期費用を支払う必要がありません。なおかつ、好きな時に他のインターネットサービスに乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最速で契約したその日中に発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。

 

PEPABO WiMAXと言うプロバイダには、普段3種類のプランがあります。28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランや、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。その他、ギガ放題プランを2年間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。

 

臨時的に、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、こちらはいつもラインナップされている料金プランと言う訳ではありません。UQ WiMAXに申し込むと、その機能性の良さにビックリさせられます。

 

自分が契約後に思ったのが、通信制限が厳し過ぎないと言うところです。自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、速度制限のせいでイライラする状況がありません。

UQ WiMAXサービスにも通信制限はありますが、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルでは無くなるのです。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約の際に付いて来るオプションサービスの中に、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額362円の有料サービスもあります。このオプションサービスは何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の提供するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを使用出来るサービスの事です。対象となるアクセスポイントは全国10000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで使用する事が出来ます。Wi2エリアの中には別で1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを購入した料金分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。So-net モバイル WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうメリットですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点が一つとして挙げられます。
その理由とは、So-netが提供するインターネットサービスはWiMAXのみに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う部分で好評なのです。

 

付いて来るセキュリティサービスと言うのはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事を指し、WindowsとMacとAndroidの三種類のOSで利用出来て、最大5台の機器に対してまでインストールする事が出来ます。カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティと言うソフトをインストールする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの多様なリスクを減らす事が出来る点が、非常にありがたいキャンペーン特典です。
WiMAXサービスの中において、一番サポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。WiMAXサービスに対して情報を一番持っていますし、トラブル時の対応も最も早くて的確で、電話サポートの対応時間も最長なのです。

 

ただ、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店と契約を行なうと言う方法もあります。

代理店だとキャンペーン特典がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言う良いとこ取りが可能です。WiMAXサービスの月額料金ですが、実を言うと、契約先で料金が異なります。例えば、Broad WiMAXの場合、最初に高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は毎月の料金が割引きされます。

それ以外には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですが、契約から25ヵ月目の月額料金は高額となります。
この様に、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますから、それを理解した上で契約先を決めましょう。WiMAXの通信機器は、性能アップしたものがラインナップされ続けています。特に、通信速度の改良が目立ち、現段階で、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。さりとて、この頃は通信の速さよりも、どれだけ通信を行ったかを気にした機能が搭載される傾向にあるようです。

 

最新WiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。

と言うのは、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される混雑回避の為の速度制限、これが厳格になってしまったのが原因です。
なので、メーカーもしくはユーザー的には、優先度が変化して来たのです。

 

月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダがございます。二度見するほど月々の費用が安いプロバイダですから、あれこれ制約を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言う事になります。
だけれども、auスマートバリューmineには対応していませんので、auのスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。
その上、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していない為、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。

WiMAX機器の中においては、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応しているものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率99%と言う通信回線で、幅広いエリアで利用出来ます。
それに、800MHzのプラチナバンドを使っていますので、奥まった部分まで電波が行き届きます。代わりに、一回でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、通信制限が普通に適用されます。nifty WiMAXでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。対応するWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスです。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能となります。

WiMAX端末を所持してなくても利用する事が可能ですし、速度制限も気にしなくて良いので、とても評判のあるサービスになってます。

 

最近のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX機器も登場しています。

au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、人口カバー率99%を超えると言う、とても繋がりやすい通信回線なのです。800MHzと言う低周波数を使用したプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいです。
今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡がっています。URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX機器で、バッテリーを内蔵していない関係上、使用目的は屋内使用のみに限られています。ですけど、可動式の高性能アンテナが外付けになっており、受信精度の良さが特徴の一つとなっています。

加えて、同時に16台もの機器をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線で接続する事が可能です。加えて、WiMAX通信だけを使用するノーリミットモードに対応していますので、速度制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。周知のようにWiMAXには帯域制限がありますが、そんなに厳しいものではないです。

ギガ放題プランで契約すると、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がありません。
混雑回避の為の速度制限の場合も、他のモバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。
速度制限の時であっても、動画を観る事が可能な通信速度はキープされます。
WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中で、ちょっと変わっているのは3WiMAXと言うプロバイダです。WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを提供しています。

 

そう言う理由から、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の種類が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全く異なります。例えば、3波を使用するキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、他のプロバイダでは提供されていません。WiMAXと契約を申し込む時、色々なキャンペーン特典が付いて来ます。
中でも便利なのが、公衆無線LANサービスでしょう。UQ WiMAXならばUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言ったようなものです。

どんなプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、沢山のWi-Fiスポットと契約しているサービスです。インターネットサービスの契約をしようと今の業界を調べてみましたが、じわりじわりとモバイル業界の人気が高まる傾向にあります。

小型のルーターを持ち運んで無線を使ったインターネット通信が可能ですから、とても利便性が大きいのが特徴です。でも、モバイルのイメージとしては、安定性に対して懐疑的な方もいるでしょう?しかしながら、モバイルを取り巻く環境は整備が進み、安定したインターネット環境を手にする事が出来ます。

なので、そんなモバイルに対して、侮れないです。
ちょっと前から、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を設けるプロバイダが出て来ています。
例として出せば、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を用意しています。

他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日の保証制度を導入しています。
どこの保証制度にしろ、違約金を支払わずWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。

WiMAXの通信を行なう事の出来る機器は数種類ラインナップされています。
新しいWiMAX端末が次々と発売されていて、新技術が次々と導入されています。例を挙げると、WiMAX端末にWiMAX回線以外のWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の両方にも対応するようになりました。しかも、通信速度が年々速くなって来ている点も挙げられます。

 

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が220Mbpsへと速まりました。URoad-StickはUSBタイプの軽量かつコンパクトなWiMAX端末で、持ち運びが楽で便利です。URoad-StickをUSBポートに挿し込むことによって、電気をまかないながら使用する事が出来ます。
ややこしいセットアップも行わずに使用出来ますから、そんな手軽さが人気のWiMAX端末になっています。
使用出来る通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出す事が可能です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機としてお披露目となったWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX機器です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を備え、従来のWiMAX端末のWiMAX回線と比較すると、一回りほど広いエリアでの通信に対応しています。

また、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところな訳です。BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをすると、二種類のキャッシュバック特典の中から任意のキャッシュバックキャンペーンを選択する事が出来ます。

一つ目のキャッシュバックキャンペーンが契約13ヵ月目に貰える現金でのキャッシュバックで、もう一方が24ヵ月の間継続して毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。
Gポイントの方が貰える金額が若干多く、BIGLOBE IDとGポイント会員IDの対応付けを行った段階から受け取れるのに加え、貰い損ねてしまう危険性も現金キャッシュバックより低いです。GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+サービスの月額料金の支払いに使用出来ますし、SuicaポイントやWAONポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。
WiMAXを契約すると、WiMAX端末しか必要ないから、室内がさっぱりします。
光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をLANケーブルで繋ぐ必要があります。モデムには毎月レンタル料金が掛かり、月額使用料金に追加課金されます。
そして、モデムに無線カードを差し込む事も出来ますけど、無線カードを使用する場合はレンタル料を取られてしまいます。家電量販店にて、光回線を勧められました。
WiMAXを既に使用している私ですし、当然、光回線の契約は考える余地も無いです。販売員にWiMAXがあるから必要ないと伝えたところ、想定外の答えをされました。

WiMAXは、天候によって受信具合が左右されるでしょう?ただ、私の今までのWiMAX経験からすれば、天気によってWiMAXの受信具合が変わると言う事は一度もありませんでした。大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXへの悪影響は経験した事がありません。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダが存在します。

このプロバイダが展開しているWiMAXサービスなのですが、12ヵ月間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うセキュリティサービスです。

本来は月々500円掛かる有料サービスですから、金額的に6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。