内科医の転職を考える!

内科医と言うのは、医師の中でも大多数を占めており、内臓を主に治療する分野である。
外科と違い手術を行わないのが特徴であり、そう言った意味では問診が非常に大切になってくる分野と言えるでしょう。

転職するにあたり、内科医はコミュニケーション能力が高い人材が重宝される傾向にあるのも、こう言った理由からである。
一方で、内科医自信は全般的にコミュニケーション能力が高いかと言うと、決してそうではない。
特に医師と言う強い立場で日常の業務をこなしているので、反論されたり高圧的な意見を言われる事に苦手意識を持つ内科医も多い。
転職する時には、「選ばれる」立場にあるので、普段の診療とは違う立場であると言う認識を持つことが大切である。
これは、面接時だけでなく、紹介会社のコンサルタントとの面談時にも言える。
コンサルタントは内科医の経歴や実績だけを見て、紹介するのではない。
内科医と言う立場以前に、一人の人間として常識ある言動が出来るかもしっかりと観察している。
内科医が転職する時には、紹介会社の力が不可欠であるが、紹介会社のコンサルタントに気に入ってもらえるかが転職を大きく左右する。
まずは、上から目線で物事を言うのではなく、相手を一人の人間として尊重する謙虚な姿勢を持つことが大切である。
内科医の転職と言う人生の一大イベントにおいて、この事を忘れないでもらいたい。