脱毛を人にお願いするなんて?!

日本人は間違いなく恥ずかしがり、戦後の日本を統治したダグラス・マッカーサーは日本人を「12歳の少年」と表現しました。ムダ毛処理を人に任せる、お願いする、さらにそのサービスにお金を払うなんて一部のセレブリティならわかりますが、アベノミクスの3本の矢は空中分解したまんま・平成になって以来のこの不景気ではしゃなりしゃなりと脱毛サロンなんか通えません!ハケンの身では。

 

脱毛を人にお願いするなんて?!大和撫子には無理なんです、マジで。できる人はいいですよ!そしてうっすら産毛のようなワキならまだしも私はけっこう濃いものですからなおさらなんです。医者ならそれは健康にかかわることですから仕方ないですけど、そして女性に見せるなんて言うのはちょっと。このまえ安倍総理の奥様がおっしゃってました「女性の足を引っ張るのは女性ですからね!」と。まさに的を得ていて、あのやさしいファッションモデルのような風貌から出る言葉とは思えませんでした。

私はやっとカミソリからケノンに変えました。