睡眠が健康管理に欠かせないことを改めて知っておこう

当たり前ではありますが、生活習慣が乱れるとさまざまな病気を招きかねません。

わかってはいるものの、食べ過ぎたり夜更かししたり運動不足になることは多々あります。

食べ過ぎ(および栄養バランスの偏り)と運動不足は、肥満に加え高血糖や高血圧などの生活習慣病わ招くことはよく知られているため、意識しなくてはいけないと思っている人は多いと思いますが、睡眠も健康管理に欠かせないものです。

しばしば短時間睡眠法や3時間睡眠で生活する方法などの特集やコラムが見受けられますが、適切な睡眠量は人それぞれではあるものの、極端な睡眠不足と睡眠過多は健康的ではありません。

3時間睡眠でなんとか生活できていても、実は身体が悲鳴をあげており、期間が経ってからうつ病に発展することも少なからずあります。

理想の睡眠時間は、8時間・1.5時間に比例する時間、など諸説ありますが、4.5時間以上9時間の中で、自分に合う睡眠時間を見つけ、睡眠の時間帯にも気をつけて積極的睡眠をとることが心身の健康を保つことに必須となります。

睡眠の時間帯については、一般に理想は22時までに就寝と言われており、現実的になかなか難しいこともありますが、遅くともその日中(24時まで)には就寝すべきでしょう。

休日の寝溜めは日常的な睡眠リズムを崩す原因となるため、極力避けるべきです。昼寝も夜の睡眠を妨げない程度に、必要のあるときに限り、1時間以内に済ませるようにすべきです。

フレッシュフルーツ青汁の口コミは?