認知症対策を急ぎたい

認知症の問題は早急に対応しなければならない問題です。現在の日本は急速な高齢化によって様々な問題が引き起こされています。実際、65歳以上の7人に1人が認知症と判定されています。
そんな話を聞くと最近高齢者が様々な認知症に関わるような問題を起こしていることに思いつきませんか?
生活することにおいてなくてはならないと言われている車の運転、高年齢化によって正常な運転ができず交通事故を引き起こし、これからの明るい未来をたくさん持っている若い人達を轢き殺してしまう。そんな恐ろしい事故を引き起こしたりしているのです。
厚生労働省が調査した結果では認知機能の低下は認められますが日用生活はとりあえず行えている人、いわゆる認知症の予備軍と呼ばれる人が400万人以上もいるという結果が公表されています。こんな現在の日本では、高齢者の適切な対応を考えないと近い将来にはこれらの認知症予備軍の高齢者のうちの半数以上が問題を抱えた認知症に進んでしまう可能性がかなり高い確率であるのです。これは確実で、切実な問題であると指摘をされているそうです。