キャッシング利用時の金利と銀行での融資について

消費者金融を利用してキャッシングをするときは、金利をしっかりチェックしましょう。キャッシングサービスを利用する場合、平均的な金利は15%程度です。これは銀行融資よりもかなり高金利です。銀行でお金を借りる場合よりも消費者金融会社のキャッシングの方が金利が高い傾向にあるには、それなりの理由があります。銀行の融資は借り入れの申込みをした人の資産状況をしっかり審査してから、貸し出しをするかどうか判断します。銀行が貸し出したお金は、利用者が自由に使えるものでは無く、前もってお金の利用目的が限定されています。銀行からの融資は、確実に返済ができるそうな人だけを選んで、使い道を限定して融資を行うことで、完済率を高めています。キャッシングは基本的には利用目的は自由であり、申込みをした人を銀行ほど詳しく審査するということがありません。貸したお金がきちんと返済されない可能性が高いために、消費者金融会社は高めの金利を設定して、利益を確保しようとしているわけです。最近は消費者金融会社は競争が激しくなり、顧客の取り合い状態になっていて、金利を下げる会社も少なくありません。銀行もキャッシングに参入してきていますが、銀行のカードローンもたくさん借りる人には金利を低くしていて、消費者金融と差別化を図っています。キャッシングをする人はどうしてもお金が必要な場合が多く、金利が多少高くても利用しますが、銀行の融資と比較すると高金利になっています。利息の計算は日割りで行われていますので、金利の高いキャッシングを利用した時でも、早め早めに返済することで返済総額を抑えられます。

 

薬剤師の求人サイトのおすすめ