働けなくて借金返済できない

病気などによって働きたくても働けないという人は現代でも少なくないですが、そういった場合に借金がある人はどのようにして返済していけばいいのでしょうか?借金があるけど働けないということになると、借金返済どころではなく、生活費を工面するために新たな借金が必要になってくるというケースもありえるので非常に問題です。

そういった意味でも働けなくなった状態で借金があると返済する方法がなくなるのでどうしようもなくなってしまいます。

仮に働けなくなったら生活保護を受けてそこから返済すればいいのでは?と思う人もいますが、生活保護費からの借金返済は認められてないので、見つかってしまうと生活保護を止められてしまう可能性があります。

そのため働けなくなってしまった場合には、素直に債務整理して借金を整理してしまった方がいいです。

借金をそのままにしていても利息が増えるだけで何のメリットもないです。

それなら素直に債務整理ですっぱりと借金をなくしてやり直しましょう。

下記で債務整理について詳しく載っているので参考にしてください。

詳細はこちら