ツールが進化してもカメラは腕しだい

決して自分がうまいと言っている訳ではないですが、写真を撮ることは技術より感性だと思っています。フィルム付レンズ(いわゆる使い捨てカメラ)、「ばかちょん」カメラ、フィルム式一眼レフを経験し、実際仕事としても使用していた僕にとって、現在のデジタルカメラの機能は「今までの苦労は何だったんだろう??」と思わせるほどの進化です。但し、デジタルはデジタル。なんだかんだ言って自由度はアナログに負けてしまいます。アナログは偶然を撮らえる楽しさがありますし、そのカメラのクセ(例えば僕の使っているフィルム一眼レフは、ある一定の露出でズームすると陰影のみがぼやけて、フワっとした絵が撮れます)を利用して様々な展開が可能になります。が、デジタルではそうはいきません。商業的に失敗できないものにはデジタルを使いますが、個性を発揮できる場面では必ずアナログを使用します。絵を描くことと似ていると僕は思っています。構図がイメージできればその作品はほぼほぼ完成している。写真に関しても同じで、この景色をこう切り取ろうと頭の中でイメージできて、後は被写体をレンズに映し出せばおのずといい絵は取れてきます。本来この感動をどういう形で見る側に伝えたいかが大事なのであって、ツールの良し悪しは問題ではありません。

きれいな写真ならデパ帳のフォトブックが映えること間違い無しですね。