家で作ったお弁当は、外で働く人にもぴったりです

私は今でこそ、家で働いておりますが、去年まで派遣社員として外で働いておりました。
家族が作ってくれたお弁当を持って、職場に通っておりました。

家でこしらえてもらったお弁当を持っていくのは、少し重いですが、セブンイレブンなどに立ち寄る時間が省けるので、お財布や時間の節約につながると思います。
今は家でちゃっちゃっと作ったものを適当に食べておりまして、お弁当だともう少しメニューを考えたのに…もう少し考えようと思うことが多いです。
話は変わりますが、私の祖父は国鉄職員で、機関車を運転しておりました。
食の細い祖父のために、祖母がいろいろお弁当を工夫していたそうです。
祖母のおかげで、祖父も食べられるようになったそうですが、ひとつおもしろいことがありました。
祖父が食べるお弁当を見た後輩が家に帰ると「あんな変わったお弁当にしてほしい」と言ったそうです。
意外なところへ、話は飛んでいくのだなと思った次第です。
ところで、海外の方から見ると、日本人のお弁当は可愛いものの一つだそうです。
メニューも味付けも考えられた日本のお弁当は、これからも大事にしていきたいものだと思います。