無知覚性の発汗

汗について書いて行きます。実は人間は気づいていないとしても常に汗を出し続けているということができます。

これは、無知覚性の発汗というふうに呼ばれるということがあるようです。どれほど人は無知覚せいの発汗によって汗をかくのでしょうか。一般の人であるならば、一日に約1リットルの水分を発散させているというふうに言われています。これほどの量の汗をかいているということなんです。このうち覚せいの発汗に対して知覚性の発汗と呼ばれるものもあります。これは、汗が出ているということがはっきりとわかるという場合の汗のことをいいます。この知覚性の発汗ですが、気温が非常に高い時とか、また、身体を激しく使ったときや、或いは、興奮したり感情面で緊張したり、する場合に出る汗ということができます。この知覚性の発汗ですが、どれほどの量が出るのでしょうか。人によって、様々ですが、一日に1.5リットル書くこともありますし、場合によっては、20リットル近くもの汗をかくということもあるようです。シズカゲル