煙が出ないホットプレート?

日に日に家電製品が進化していく中、調理家電の進化もすさまじいものになっています。電子レンジもオーブンも炊飯器も「美味しさ」と追及しながらより便利に進化しています。

その中でもちょっと面白いのが煙が出ないというホットプレート。

厳密にはホットプレートやロースターなど違うそうですが、そこはそれほど重要ではありません。

なぜ煙が出ないホットプレートが今売れているのかというと、アパートやマンションなどの集合住宅に住む人が増えているからだと思います。一戸建てにしても、隣家との隙間があまりない家でも煙が出ないホットプレートの需要は高まっているようです。

よく売れている理由として、

  • 部屋中に煙が充満するのが嫌
  • 焼肉臭が数日間残るのが嫌
  • 油で床がギトギトになるのが嫌

こういった理由が挙げられます。

部屋の窓を全開にしてホットプレートを使えばいいのですが、煙や匂いが隣家に行ってしまうとご近所迷惑にもなりかねません。洗濯物に匂いがついたとか言われそうですよね。

窓は開けられない、自宅には匂いが残る、そんな不満が募り、ホットプレートを使った焼肉を自宅でする人が減少していきました。

そこで登場したのが、煙が出ないホットプレート。正確には多少煙は出ますが、従来のホットプレートと比べると雲泥の差です。

構造の理屈は簡単で、脂が火元に落ちないようになっています。

食材から出る脂が高温で熱せられたり火元に落ちると、油煙という油を含んだ煙が発生します。この煙が部屋中に広がり、壁やカーテン、繊維物につきます。この油煙が冷めるとあの焼肉臭が残るようになります。

なので、煙が少ないホットプレートの仕組みは単純で、油煙の発生をそもそも無くすために火元に落ちないような仕組みになっているのです。他にもプレートの温度などプレートの仕組みを考えている製品もあります。

そんな煙が出ないホットプレートですが、最近は種類が増えて、様々なバリエーションが出ているようです。煙が出ないだけでは他社製品と差別化ができないため、焼いた時の食材の美味しさにも重きを置いている製品が増えています。

煙が少なくて、美味しい焼肉ができるのなら、それはそれは大変嬉しいことですよね。詳しくはランキング記事が出ているので、気になる方は参考にされるといいでしょう。

自宅の焼肉で煙が気になる人へ