末端冷え性の私が着てみてよかった「素材」

私は14歳ごろから冷え性に悩んでおり、今もその悩みは解決していないのですが「こういったことを試してみたら体が温まった」ということをご紹介します。

1.服の素材はフリースよりトレーナー生地
フリースと言うと軽くて暖かいのが売りですが、フリースで外出してしまうと風が繊維を貫通し、冷たい風が肌に当たりやすくなります。そのため、私はトレーナー生地の服か仮にフリースを着る場合においても裏起毛のインナーを駆使して内面から温めてからフリースの服を着ます。

2.インナーはすぐに温まりたいなら「裏起毛」を選ぶ
ユニクロから出ているヒートテックや、しまむらやアベイルで売られている裏起毛のインナー、GUから出ているウォームインナー、ベルメゾンから出ているホットコットなど色々ありますがその中でも私がおすすめするのは裏起毛のインナーです。
最初から起毛しているので寒いと感じにくいためです。

ヒートテックは運動ありきなので即効性は望めず、着用した瞬間はひんやりとしていて寒いからです。

3.レッグウォーマーやルームブーツは欠かせない
毎年レッグウォーマーを身に着けているのですがレッグウォーマーは本当に足が冷えません。
ケーブル編みタイプや裏起毛タイプがあり、お好みで選んで足に巻くだけでとても温まります。
ルームソックスもおすすめですが、ゴム部分がきついものが多いので血行不良に気をつけましょう。

また、ルームブーツはユニクロがおすすめです。
足の裏の部分に滑り止めが細かく貼られていて、転倒の心配がないのですが足の裏部分はよく確認したほうが良いです。

滑り止めが貼られていない商品が多く売られているので私はいつもユニクロのルームブーツしか買っていません。

冷え性改善サプリメントならこちらから