大事なことは何回でも言ったほうがいい

日本というのは奥ゆかしいとかそういった謙虚なことがウリというか良いことのように扱われています。

しかしながら、それは夫婦の中ではあまり良いことではないこともあります。

とくに妊娠を考えている夫婦の場合には、不妊の検査などを女性がするという傾向があります。

実際にはWHO(世界保健機関)では男性も女性も不妊の原因は半々であるという結果が出ています。

つまり、男性にも十分不妊の原因があるということなんですね。

男性のほうが不妊検査はリスクもなく、簡単にできるので、実は男性のほうから検査をしたほうがいいということがあります。

女性はどうしても身体の中を調べることになってしまうので、精神的、肉体的負担があります。

それを知らない人が多いので、これは夫婦間でしっかりと認識を共有して協力していくべき事案だと思います。

少子高齢化の社会になっていくことを考えると、将来子だくさんになってくれる夫婦は日本にとって非常にありがたい存在ですからね。

不妊検査体験談