少しややこしい増毛の仕組みとは?

テレビで良く増毛のコマーシャルをやっていますが、いろいろなところが
広告を出していて良く仕組みがわからない人もいるのではないでしょうか?
ここでは、大きく3つの増毛の仕組みを解説します。

1.結毛式増毛法
もっとも普及している増毛法です。
増やす髪の毛の量を調整しやすいというメリットもありますが、一方で髪が
伸びるに従って結び目も上がってくるので、見た目が不自然になってしまい
ます。髪は一月に1cmほど伸びるため、メンテナンスが必要です。
もちろん結びつけるための毛髪がないと使えない増毛法です。

2.接着式増毛法
接着式はあらかじめ毛をセットしてあるシートを頭皮に貼る仕組みです。
メリットは薄毛が進行した場合でも増毛できる点です。
ただし、シートで頭皮を覆うため、蒸れやかゆみがでるケースがあります。
そして、この方式でも頭皮の汗や脂などによって粘着力が落ちてきたり
するため、メンテナンスが必要です。

3.編み込み式増毛法
いったん編みこんだ糸で頭皮に土台を作り、自分の髪ではなくその土台
に毛を結ぶ仕組みです。土台を作るので安定が良く、地肌に密着しない
ので、通気性もいい点がメリットです。スポーツや汗をかく環境でも蒸れにくく
地肌までシャンプーできるので、生活しやすいスタイルです。
ただ、特殊技術なので、メンテナンスも増毛サロンに行く必要があります。

ザ・スカルプ5.0C