にきびの予防は季節によって変わる

冬は乾燥する為に肌をケアする為には保湿する必要がありますが、暑い季節はどのような方法でにきびを予防すれば良いのでしょうか。乾燥する時期とは異なり、春や夏の気温が高くなる季節では、にきびができやすくなる原因の多くは皮脂です。

暑い日が続くようになると、全身から汗をかく頻度がますます多くなります。盛んに汗が出るようになると、皮脂も毛穴から出やすくなり、これがにきびの原因になります。毛穴から分泌された皮脂が残ったままでいると、毛穴の目詰まりが起きやすくなっていますます。毛穴で、アクネ菌が増殖すると、にきぴができるようになるわけです。にきびを予防したいのであれば、こまめに洗顔をして、毛穴の目詰まりを防ぐことが大事になります。しっかりとクレンジングをすることも、夏のにきび予防では大事になっています。

日差しの強い季節は、日焼けを気にして1日に何度も日焼け止めを塗ることが多く、毛穴にも汚れがつまりやすくなっています。日焼け止めはクレンジングでなかなか落ちにくい成分でもある為、毛穴に残ってにきびを引き起こす原因になる可能性もあります。夏場のにきび予防には、その日のメイクや、日焼け止めの成分、分泌された皮脂をよく落とすためのクレンジングケアが重要になってきます。夏のにきび予防には、バランスのいい食習慣も重要だと言われています。油分を多く含むものをたくさん食べると、翌日の皮脂分泌の量が多くなってしまいますので、食べ過ぎには気をつけるようにしましょう。野菜や果物を意識して摂取することが、夏のにきびを予防するためには、大事になってくると言われています。
http://www.nolistingday.com/