トレチノイン療法

今欧米でシミ取りの治療法の主流になろうとしているのがトレチノイン療法で、トレチノインとはビタミンAの一種です。

この方法は、皮膚に直接塗ることによって肌の奥底にたまった角質を溶かすという治療法です。このトレチノインの力によって皮膚の新陳代謝やターンオーバーが促進され、メラニン色素が排出されるのです。ただし、このシミ取り治療では、肌が赤くなって炎症を起こしたり、ヒリヒリすることがあるので医師の指示をしっかり受けて、その後のスキンケアすることが必要になります。整形後でもやり直しが手軽にできることがプチ整形と呼ばれる所以なのかも知れません。レーザー治療以外にもシミ取りの方法は色々とあるので、レーザー治療を受ける前に自分自身の生活習慣を見直して見ましょう。そういった手術だけでなく、お肌のターンオーバーの周期を整えるために努力をしたり、しっかり紫外線対策をとって念入りなスキンケアをすることも有効なのです。それでもどうしてもシミが取れないというときに、レーザー治療を考えるようにしてはどうでしょうか。ブレッシュ 公式サイト