自転車保険って加入すべきなのか

自転車保険って加入すべきなのでしょうか。
自転車保険は都道府県などの自治体によって加入が義務化されていたりそうでなかったりします。

加入を義務とする自治体と努力義務とする自治体が増えてきていますので、自転車保険は加入をしてもよさそうです。

自転車保険の義務化や努力義務以前として、なぜ加入したほうがいいのでしょうか。
そもそも自転車ほ軽車両ですので、自動車と同じ車に分類されます。
自動車とは大きさ、重さ、速度が異なりますが、事故を起こすリスクがあるのは変わりません。
しかも、自転車でもそれなりにスピードは出ますので条件や環境によっては大きな事故を起こることも考えれます。

自転車保険は自転車を運転する人が事故などの際に補償を受けるというよりは、加害者になってしまった際の補償を受けられるようにするのが目的となっています。
万が一、相手に怪我などを負わせてしまったりすると個人保証をしなくてはいけなくなります。
金額も事故の大きさや被害者の負傷具合によっては高額になることが予想されます。
自転車保険は、治療費、賠償金などに充てるのが第一とお考えになったほうがよさそうです。

もちろん、被害者になることも考えれらますのでその際の補償を受けることも可能です。
事故の被害者になった際の保険に関しては、自転車保険以外の保険でも補償を受けることが可能です。

保険ですから万が一のことを考えて加入すると思います。
自転車による事故も増えてきていますので、義務化されているされていないで判断するのではなく、万が一のことを考えてみてはいかがでしょうか。
あなたにとって最適なプランの自転車保険にご加入するのを検討してみてはいかがでしょうか。

https://seimeihokenryo-yasukusuru070.info/